今や警察官も痴漢を働く時代!警察トップも身内を庇いきれない

警察

警察の痴漢が多い

最近は公安職における痴漢行為も非常に増えていて、その中で警察官での割合も非常に高くなっています。弁護士によれば警察官の痴漢行為は年齢を問わず発生していまして、特に若年層の警察官による犯行が極めて多くなっています。この背景には警察官自体の人材数が減少していて、一人あたりの警察官の業務量も非常に多くなっていることによって犯行における状況も悪化しているのです。

かつての警察の状況を見てみますと身内に甘い傾向もありましたが、警察官による件数が極めて多いこともあって身内に対しても庇いきれなくなっている状況もあります。これは自衛隊などにも良く言えることでして、公安職がストレスを抱える状況は休みの少なさもありますが同時に旅行などを著しき制限されることもあるでしょう。

警察への対処

以前は警察官も勤務外の時間帯における痴漢行為などは存在していましたが、最近は警察車両や警察署・交番内が痴漢行為に大きく絡むこともある訳です。痴漢の対象は男性警察官から女性警察官、または男性警察官から被害者等の日常的な業務上から始まることも進んでいます。

それでも最近は問題を起こした警察官に厳罰を処すように警察のトップが直接触れることも多くなり、現在それ自身が各都道府県の本部長の評価に直結することもあってトップは警察官の痴漢案件について、とても神経質になっていると言う訳です。

現在の警察官は市民の模範になることはもちろんですが、鬱を解決できるようにして行かなければなりません。