急増している学校内での痴漢行為!

弁護士

学校での痴漢が多い

最近の痴漢行為は教育現場でも行われることが多く男性教師が女子生徒や女性教師に、または女性教師が男子生徒に対して向けられることも多いのです。この背景にはモンスターペアレンツ等の増加や教師自身のストレスの増大もあって、本来教師が律する人間的欲求の部分が教育現場で露呈されるようになったことが挙げられます。

教師がこのような痴漢行為を教育現場で起こしてしまうと、結果的に停職などで処分が済んだとしてもメンツの問題もあって教育現場に居続けるのは非常に難しいと言えるでしょう。しかし、この場合は実際に痴漢行為があった場合ですのでやむを得ない部分もありますが、これが冤罪で形成されたとなると非常に大きな問題です。

PTAが監視する重要性

教育現場における痴漢冤罪は主に教師から生徒に対して向けられる行為に対して発生することが多く、このほとんどは授業中や廊下などでの行為が問題になります。特に、男性教師が生徒から嫌悪感を抱かれていると生徒からちょっとした何でもない行為について、痴漢の事実があると言われてしまうこともあるでしょう。

しかし、このような行為は教室内で一定数の生徒がいれば誤解も解けるかもしれませんが、廊下などの目撃者がいない状況で起こってしまうと問題がより深刻化するケースもあります。弁護士によればPTAなどが大きく抗議してくるケースも多いので、実際には痴漢行為が無くてもそれを立証できないことによって学校内で冤罪に仕立て上げられることもあるのです。