ナノプラズマを用いる企業もある

スリット加工はかなり薄い材料を加工するのですが、スリットを加工して終了となる場合もあれば、さらに追加加工をすることもあります。しかし、一般的な方法では極薄の素材に加工を施すことはできませんので、プラズマ処理を行うようになります。プラズマ処理はいろいろなことができるのですが、細かい処理をする場合にはナノプラズマを用います。

金属箔やフィルム材というのは、一般的な処理方法ではすぐに材料自体がぐちゃぐちゃになってしまいますし、ちぎれてしまう可能性もあるのです。このようなトラブルを避けるための方法として、ナノプラズマが用いられています。ナノプラズマはいろいろな処理ができるので、多くの企業で用いられています。

最近は細かい加工の需要が増しているのですが、細かい加工を行う高度な技術を持っている日本だからこそ、このような加工が可能になるのです。もちろん性能のよい機械を入れることも重要なのですが、やはりベテランの職人でなければ取り扱うことができません。