地方出身者よりも大都市出身者の方がリスク管理も甘い?

大都会

痴漢は都市部が多い

一般的に痴漢は公共交通機関の発達している場所で引き起こされるものですが、それと同時に痴漢冤罪についても発生する割合が多くなります。この痴漢冤罪についてですが、出身によってそのリスク管理への認識が非常に大きく異なるようです。

地方出身者になりますと色々なメディアの影響もあって痴漢冤罪に対する意識が非常に高いので、巻き込まれないように様々な注意を払う方も非常に多いと言えます。その一方で交通機関の発達している関東や関西の地元の人間になりますと、あまりにも当たり前の日常にどっぷりつかってしまいすぎてむしろ痴漢冤罪に関する意識は非常に低いと言えるでしょう。

電車では痴漢に気を付ける

大都市出身者は地下鉄などに乗っている時も今まで痴漢に巻き込まれた経験も無いので、女性の前で何をしようがあまり気にしないことも多い訳です。これにより、いざ痴漢冤罪に巻き込まれた場合は最悪の事態になって行くことが多くなります。

地方出身者の場合は超満員電車に乗る機会は非常に少なく、大都市に出て来ても出来るだけ満員電車に乗らないような認識をすることも多くて痴漢冤罪に遭遇する確率自体が非常に少なくなって行くのです。

このように、同じ痴漢冤罪発生エリアに住んでいても出身の違いでリスクに対する認識が大きく異なり、それから引き起こされる結果も非常に大きく異なって来るでしょう。これは痴漢冤罪を扱う弁護士にとっても意外に盲点であるようで、特に男性は日常的に頭に入れておくとリスクをかなり低下できるのは間違いありません。