裁判になると極めて不利になる痴漢冤罪!

日本では最近色々な痴漢行為がメディアでも取り上げられていますが、ニュースで加害者として実名が取り上げられた挙句に冤罪だったと言うケースはかなりの数にて存在しています。メディアに上がって来るだけでも相当数ありますので、実際はかなりの数の痴漢冤罪が起こっていることは容易に想像できるでしょう。

しかし、このような痴漢冤罪は裁判になりますとそのほとんどが有罪になっていることが多いようで、言ってみればある日突然犯人に仕立て上げられて行くことも十分に考えられます。このような経緯で警察の圧力もあって無実の罪を自白させられたケースも非常に多く、その結果として実際に刑務所で服役した方も非常に多いのです。

弁護士に言わせると巻き込まれた方は非常に気の毒でもあるのですが、それと同時に日常的な行動に誤解される問題が無かったのか考えてみる必要もあるでしょう。例えば、電車の中でも女性が多いところに敢えて立ったりすると痴漢に間違えられやすくなるのは当然の話です。また、スマホを女性の前であからさまに弄っていると女性から変に怪しまれることも珍しくないと言えます。

そのため、痴漢冤罪になる方はなりやすい原因や行動パターンが既に存在していたのかもしれません。痴漢冤罪とは自分は無縁だと思っている方でも、現段階で自分の毎日の行動を見つめ直しておきましょう。それは、いざ痴漢だと叫ばれてしまっては既に遅いと言えるからです。今の時代は男性も自分の身は自分で守らなければなりません。