弁護士が教える海外における痴漢事情!

海外

日本は痴漢大国?

日本ではよく海外メディアなどでも痴漢大国などと言われていますが、それは日本のアダルトビデオなども非常に大きく影響しているとされます。一般的な性描写のものばかりでなく、まさに痴漢を題材にした企画物も多いのでそれが彼らの性的なイメージ形成に拍車を掛けている訳です。

しかし、日本ではこれを痴漢として取り締まる仕組みがあるから良いものの、海外に行きますとむしろ日本よりも悪質な国も存在しているでしょう。弁護士によるとそれは痴漢のレベルに行動が留まらないことも多いからとされます。さらに、最近は日本のアダルトビデオを見る外国人も多いので、日本の女性を海外で狙い撃ちするケースも多くなっていると痴漢に詳しい弁護士は指摘しているでしょう。

日本の痴漢を減らすには?

海外の男性の目にはアダルトビデオの影響もあって、日本の女性は性的に非常に無防備な印象を受けるようです。そのため、自分がアダルトビデオを同じような行動を日本の女性に対して取ってしまう傾向もあります。この場合は、集団で行われることもあって現地における誘拐なども発生する危険があります。

日本人女性がわりと開放的な出で立ちで東南アジアに一人旅に行くケースもありますが、その際に殺人などの被害に遭うケースも目立って来ています。これは日本人女性に対するイメージがかなり固定化して来ている証でもありまして、今後は訪日外国人もかなり増えて来ますので特に日本の女性は海外における認識を改めて行かなければなりません。