今や法律の専門家も痴漢冤罪に遭う時代!

痴漢冤罪

最近はメディアでも痴漢のニュースが非常に多くなっていて、それも実名で出ることも少なくありません。その中には本当の痴漢もいるでしょうし、やってもいないのに逮捕されて実名報道される場合もある訳です。いわゆる痴漢の冤罪です。

しかも、最近はある程度社会的位置のある職業の者が巻き込まれることも多くなっています。その中には何と法律の専門家もいるでしょう。

実際に大学の憲法学者が痴漢冤罪に巻き込まれた驚きのケースもあって、このような本来であれば冷静な思考判断ができる者でも痴漢に間違われただけで冷静な処理ができなくなると言う事例だったと言えます。さらに、これを面白がってメディアが大体的に報道することで冤罪であるのにも関わらず、痴漢犯罪者に仕立てられてしまうと言う大きなメカニズムがここにある訳です。まるで、犯人だと決め付けた、また、真実とは違った報道がなされてしまい、世間の人は、「ああ、彼はやってしまったな・・・」と思ってしまうのです。

ここで痴漢冤罪弁護士を呼べばすぐに解決できると言う見方もありますが、実は弁護士にも痴漢処理には大変疎いものも多くて処理を間違うケースもあるでしょう。こうなってしまうと、一時的に警察に拘束されているだけの状況がさらに拘束時間も伸びてしまうこともあって本末転倒になることもあります。大切なのは、痴漢冤罪に強い弁護士を呼ぶことです。

よって、痴漢冤罪における対応は適切な処理に慣れている弁護士を必ずセレクトせねばならず、それが冤罪から早く逃れられるベストな方法となるのです。しかし、上述のケースの場合は憲法学者と言うことでまだ対応しやすかったのかもしれませんが、通常の者ではここまで対応できるかどうかは分からないとも言えるでしょう。

今回は、憲法学者の場合も、冤罪がはれて、被害者の証言に不自然な点がおおかったこともあり、無罪となっています。