痴漢冤罪解決のためには弁護士相談が重要

 

PAK75_dashsuru20140823110148_TP_V

痴漢冤罪が自分の身に降りかかってしまった場合、そこでまず真っ先に行わなくてはならないのが痴漢弁護士相談です。
ではどうして弁護士相談が必要なのか、それは痴漢冤罪というトラブルはまごうこと無き法律トラブルだからです。
法律において禁止されていることを、ましてややってもいないことをやったと言われているわけですから個人で対応するよりも弁護士に依頼して法的な対処をしてもらった方が効果的な対処が出来ます。

特に痴漢冤罪の中でも悪質なものと言えるのが「痴漢のでっちあげ」と言われる、示談金目当ての行為です。
この行為は警視庁も既に発生していると認めているものですが、痴漢と言うのはやった、やっていないの結論が非常に出しづらい行為であるためでっち上げもかなりの数行われていると見られています。

そうしたことを自分がされた場合には客観的に自分が行っていないことを証明しなくてはならないのですが、その立証はかなり難しいでしょう。

そのため弁護士相談をして自分の状況を説明し、そこで本当に必要な対策をアドバイスしてもらうことが必要になるわけです。
加えて弁護士相談をするということは相手への牽制の意味にもなります。
弁護士相談をせずに個人での話し合いでということになると相手の女性も強気になりやすいものですが、弁護士と言うプロがいると下手なことを言えなくなるため一気に弱気になります。

またあまり積極的に考えるべきことではないのですが、相手がどうしても痴漢をしたと主張し続ける場合には名誉棄損として訴えるということも可能です。
もし名誉棄損があったと認められたのであれば示談金を支払うどころか相手に賠償請求をすることも可能となりますから、最終手段の訴訟という手を選べるように弁護士相談をしておくのは賢い方法であると言えます。
最近では弁護士界隈でも痴漢冤罪に対する解決に積極的に取り組んでいますから、一人で悩むのではなく各地の弁護士会などに連絡して相談を持ちかけるようにしましょう。